ホームヘルパー2級資格取得講座で施設実習!デイサービス編

デイサービスとは、日帰りで介護施設に来ている方の介護をするところです。送迎があって、入浴や食事、レクリエーションなどを通してコミュニケーションを図って楽しんでもらうような憩いの場のような感じです。

 

利用者のお出迎え

まずはじめにしたのは、利用者のお出迎え。利用者が送迎車で来られたら元気な声でご挨拶。介護職員の方々は大きな声で『おはようございます。○○さん』と声を掛けていきます。流石先輩ヘルパーですね。私はちょっと恥ずかしくてそんなに大きな声が出ていなかったかもしれないです。その後、歩行のこんな方には付き添い誘導していきます。私たちはそのお手伝い。歩ける利用者を誘導し、お茶を出します。

 

 

レクリエーションを体験

レクリエーションに参加させてもらいました。マイクを持ち利用者の前で自己紹介。『介護実習できた○○です。今日は一日よろしくお願いします。』てな感じで。これもちょっと恥ずかしかったですが、職員の方々は大きな声でお話しています。しかも利用者を盛り上げるように楽しそうに話します。自分が楽しんでいないと、皆さんも楽しくなるわけありませんよね。

 

午前中は手指を使ったゲーム。

 

来られた利用者みんながレクリエーションに参加すかといえば、参加されない方もいます。レクリエーションをしたくない方や介護の度合いに応じて参加できるものやできないものがあります。別に参加したくない方は、そのまま椅子に座ってお茶を飲んだり、他の利用者と会話をしていましたよ。

 

また午後のレクリエーションでは塗り絵をやりました。
みなさん上手に塗り絵をされていました。手が不自由な方も一生懸命塗っています。上手とは言い難いですが、その人なりの味が出ている様子。周りの利用者同士で会話をしながらされていましたね。

 

レクリエーションを通して楽しい時間を過ごし、リハビリも兼ねて残存機能を生かせるようしているのかなといった感想です。

 

 

機械浴・一般浴の見学

特養の入浴見学と同様、デイサービスでも入浴見学をしました。
デイサービスでは自宅では入浴困難な方などは機械浴へ、ある程度ご自分で入れる方は一般浴へ入ります。着替えの際には、どこか変化はないかなど観察しているそうです。私は風呂上り後の利用者の髪をドライヤーで乾かすことを任されました。皆さん風呂に入ると気持ちがいいのですね。『気持ちよかった〜』という声が聞こえます。

 

 

利用者の送迎同行

私も利用者の帰りには送迎に同行させてもらいました。
帰りのお見送りの際は、介護職員や事務の方も出てきてお見送りしています。利用者の皆さんも楽しんで帰られる方が多かったですよ。中にはつまらなそうにしていた利用者もいましたが。

 

送迎はまず第一に利用者の安全を考えて運転するそうです。終わり除ければ全てよしではありませんが、何事もなく帰っていただきたいですよね。でも運転される方はかなり気を遣うようです。利用者の自宅までお送りするのですから、広い道ばかりではなく、細道まで車を運転します。私は運転があまりうまくないので送迎はちょっと不安ですかね・・・。

 

もし送迎をする機会があれば安全運転に心がけなければなりませんね!