ホームヘルパー2級資格取得講座 6日目

ホームヘルパー2級講座 スクーリング第11回

身体の清潔1として清拭や部分浴の仕方など。
身体を清潔に保つことは心身の健康につながります。温かいお湯で湿らせたタオルで体を拭く清拭や、お湯をいれた洗面器に足を入れて洗う部分浴(足浴)の技術を学びます。

 

まず講義で、身体を清潔に保つことはどういう効果があるのか。例えば血行を良くするなど。皮膚の構造なんかついて勉強しました。と言ってもメインは実技の方です。清拭する時の注意点や清拭の手順などをテキストに沿ってみていきます。目を拭くときは感染を防ぐために、片方を拭いたら面を替えてもう片方の目を拭くとか、何故その手順で拭いていくのかなど、なるほど!と思うものばかりでしたよ。

 

実技では足浴をしました。私の足臭くないかしら!?とチョット恥ずかしかったですが、みんなそんな思いでしょうから気にしても仕方がありません。実際にお湯につけてみると気持ちがいいものです。それでいて洗ってもらうのですから、利用者ならさらに気持ちがいいのではないでしょうか^^足浴にはリラックス効果もあるようなので家に帰って旦那さんやお嫁さんにしてあげるのもいいかもですね!練習になりますよ。

 

 

ホームヘルパー2級講座 スクーリング第12回

身体の清潔2として洗髪や入浴の仕方など。
入浴に関してはさすがに実技はできませんでしたが、洗髪の介助については実技講習をすることが出来ました。熱や状態が悪くどうしてもお風呂に入れない利用者も中にはいて、そんな時に洗髪をします。洗髪の介助ではベッドや布団の上に寝かせてまま洗髪する技術を身に付けます。疲労感を与えないように短時間で済ませ、頭皮が傷つかないように指の腹でマッサージしながら洗髪するのが良いそうです。

 

体調不良等で長らくお風呂に入れない高齢者にも白い脂のようなものが溜まるんだそうです。そういった湿疹なんかないかも観察しながら洗います。お風呂に入れないっていうのはかわいそうですよね。だからきれいに洗ってあげたいものです。

 

ケリーパットという洗髪専用の道具がありますが、ここではバスタオルやビニール袋を使って洗髪を行いました。

 

洗う時は水はゆっくり流し、目や耳に入らないようにするのがコツのようです。洗う方はいいですが、逆に洗われる番の時は緊張しました!頭をあらわれると気持ちがいいのですが、目のやり場に困りますよね。目を閉じてればいい話なんですけど・・・。中には目を見開いてじっと見てる人もいましたから笑えちゃいますよね^^

 

 

 

 

今回のスクーリングを通して高齢者の身体の清潔という部分では、清潔にすることで身体的・精神的にもケアできることが学べたような気がします。やっぱりもし私が介護される立場になったら、きれいにしておきたいと思ういますから。