ホームヘルパー2級資格取得講座 2日目

スクーリング2日目は、他の受講生とも面識が出来ているので何気ない会話が飛び交います。どうして介護資格を取ろうとしたのか?今日はどんなことするんだろうね。とか。もう介護施設で働いているの?とかね。ではホームヘルパー2級資格取得講座2日目はどんなことをしたのでしょうか?

 

ホームヘルパー2級講座 スクーリング第3回

高齢者や障害者の身体的・精神的特徴をテキストに沿って学んでいきます。午前中はテキストでの学習が多いから、眠くなることも・・・。だけどそこは集中してと。
要するに、高齢者や障害者を理解しようという内容です。

 

例えば、高齢者の特徴として老化がありますよね。老化に伴う機能低下や意欲の喪失など身体的・精神的特徴が見られます。身体的特徴でいえば、機能低下や疾患(病気など)にかかりやすくなります。そうすると脱水や視力・聴力低下、体力の衰えなどいろんな症状が出てきますよね。また老化による心理的特徴では、身体能力の低下から自信・意欲がうせたり、コミュニケーション不足から被害妄想が生まれるなんてことも。

 

また、定年退職や配偶者の死別によっても生きがいをなくしてしまうこともあります。

 

 

身体障害者では、先天的(生まれながら)・後天的(事故等による)障害があり、それらによっても考え方やとらえ方が違ってきます。本人だけでなく家族を含めて、観察を十分に行いながら心のケアが必要なんだっていうことを学ぶ場であったと思います。

 

 

ホームヘルパー2級講座 スクーリング第4回

介護学を通して、職業倫理・基本原則を学んでいくんですが、正直これまた眠くなります^^;
何をしたかというと、介護するものの心構えについて学びました。

 

介護の仕事って、高齢者や体の不自由な方など免疫の弱い人と接する機会が多い仕事ですよね。私たちには何気ない病気でも高齢者の方々には命を脅かす危険もあります。ウイルスによる感染とかですね。私たちから高齢者の方に感染を防ぐためにも、私たち自身の健康管理もきちんと行っていなければならない。逆に高齢者からの感染もあり得ますよね。そのためにも手指消毒(手洗い)や感染予防に関する知識を心得ておかなければなりません。

 

だって、もし自分が知らない間に感染していて、免疫力の弱い子どもにまで感染させてしまったら嫌ですものね!

 

 

介護をしていてよく言われるのが腰痛!
ヘルパーをしている人の間でも腰痛持ちの人が多いそうです。腰を痛めないように介護をしていても、よく腰を痛めます。その辺も自己管理の一つで腰などを痛めないような介護の仕方なども教わりました。ボディメカニクス8原則というもの。ここはしっかり覚えておきたいところです。介護しててアイタタタァ〜って腰痛めたくないですからね。

 

 

眠くなる講義も多いですが、聞いておく所はきちんと聞いておきましょう!
自分のためでもありますから^^